旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

全っ然減んねえや。

やるべき事が全っ然減んねえや。タスクに埋もれ、大切なものを見失い、生きてる意味も雲隠れ。何のための、誰のための生活。不安から来る心配を打ち消すための、確認、必要か?何事もなければ済むというだけの話ではあるのだが安全を担保するための作業、確認、それらは本当に人間がするべき事なのか?

 

すり減った心に栄養を与えるために、今日も正月気分の引き延ばし。元旦に放送された番組を見るや、瞬時にして「楽しさ」「懐かしさ」回帰して、脳内に黄泉がえる。これ以上のすり減りを許すまいと目を背けた現実に、辛うじて見いだすことが出来た心地よさ、それは他人のものなのだけれども自分さえそこにいるかのような身勝手な没入感が干からびた神経に水分を与えていく。

 

将来の不安も、準備すべき事も、やっておくべき備えも、見つけようと思えばいくらでも見つかるが、「楽しいか?」その一言に足元救われ、足りない時間・労力・体力・気力が不実行を促し、消すことの出来ない不安が気味悪く渦巻く。

 

言いてえのは、楽しいことを考えよう、ってなことで、責任も、義務も、労働も、ひたすら社会によって一方的に肥大化され無制限に課されるものなのであるから、それを守るのは自分しかいないわけなのだよいつも。だから今日も今日とて、「過去の楽しい思い出」「感動した風景・音楽・芸術」などが必要なのであり、むさぼるようにそれらを消費して脳内を永世中立に持っていく必要があるワケよ。

 

笑い以外に何があろうか?笑い以外に何を信じることがあろうか?共通の時間とて、境遇とて、体験とて、笑いの前提には必要なくすぐに発生させることができる。幸せな老後はいくら笑いを生活に取り入れることができるかにかかる、などと愚言を放り散らかせば、何となく悟ったかのような自己十全感がホラ、眠りにつく理由を与えてくれた。