旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

クズ山クズ男の日記

良き夫、良き父であろうとする努力を、今すぐに止めよ。

良い企業人、良い社会人であろうとする努力を、直ちに止めよ。

 

自分の都合の悪いことが起きたら、目ェひんむいて怒り狂え。

どんなささいな事も、思い通りにならへんかったら、わめき散らせ。

 

思いやりなど捨てよ、たかが他人に対して親切にする無意味さを知れ。

目につくものすべてに当たり散らせ、我慢をするな、耐えるな。

 

目につくものはすべて資源や、使い倒せ、絞り尽くせ。

決して搾取される側に回るな、搾取する側、操る側に回れ。

 

何もかも限界やと思ったらすべて捨てよ、関係も、信頼も。

他人のため、未来のための我慢は何も意味がない。

 

裏切られるくらいなら、最初から人を信じるな。

失うくらいなら、最初から何かを得ようと思うな、夢を見るな。

 

愛されると思うな、愛すな、意味がない。人を利用することだけを考えよ。

自己紹介を求められたら、背筋の凍るような発言でドン引きさせろ。

 

嫌われろ、避けられろ、引かれてなんぼの商売や。

物事に価値や意味を求めるな、優劣をつけるな、すべての判断と比較を止めよ。

 

買いたいものは万引きしてでも買え。食いたいものは食い逃げしてでも食え。

親の顔に泥を塗れ、人の善意を嘲笑え。何も、信じるな。

 

これが、仕事に、家事に、育児に、頑張った結果クズ山が見いだした答えや。

行政も、世間も、会社も、制度も、俺の心身の疲労を和らげるのに何の役にも立たん。

 

すべてのことが他人中心で回っていく。自分を差し置いて優先すべき期日が多すぎる。

 

会社の都合、家庭の都合、子供の都合、社会の都合、それらがすべて自分の都合を圧し殺して優先されようとお互い独立にひしめき合って、自分という唯一無二のリソースすべてを食い荒らし、お互いの状況が見えないから全員がもっともっとと声高に叫び続けて留まることを知らない。誰も助けてはくれない。助けを求める先もない。

 

会社の利益のため、顧客の満足のため、子供の成長のため、妻の負担を減らすため、社会に貢献するため、自分を犠牲にして日々成長、ありとあらゆる要求に応えるための時間と労力を割いた結果がこのクズ山よ。