旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

申し訳ナイスの素

誰が為にその罪悪感を自らに温存し大切に大切に披露する自分の矮小さの発露。誰が為に?求められていない謝罪は全方位的な攻撃と先回りした免罪符の時期早象たる取得。

 

アプローチを変えればその善意を活用できますまいかと朧げな提案も撥ね退ける蒙昧な正義、有りや無しやと問われる前に胸に貼る善人への通行手形。

 

もはや誰にも求められていないのに提出される経緯報告を国民性と捉え乍らも罪の所在を飽くまでも一人称に帰納するそのメンタリティーを獲得するに至った自己形成環境。

 

罪の意識を培養する風土で守られる快適性と引き換えに失う個人の充実を、取り戻すかのように私を脱ぎ捨ててまとった匿名の体で足早に向かうその先は?

 

現実と同じ謝罪を要求する装置を模した何者かが待ち構える世界かそれとも?虚構の世界に求める安息に飽き足らず創造する未来のその先は?