旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

アドセンスされたところの意味をどう考えたらいいのか?

エンジニアが足りないと広告枠から顔を覗かせるAdSenseがワタクシにアドセンスしているようだが、なぜ今それをワタクシめがけて一直線にアドセンスしているのかは到底わからないけれども、懸命にアドセンスされたところでその足りなさを補充できる何かを自分は何一つ持ち合わせていないことの残念さ。

 

何故足りないのだろうか?足りたらいいのに。需要と供給のどうのこうの考える前にまず思いたいのは、足りればいいのに。足りないと思うから足りないのだよ。いいたいのは「本当に必要か」、アドセンスする前にそれは本当なのですかと、事実なのですかと、思いたいけれどもすぐにどうでもよくなってしまう。アドセンスされた内容について考えたらそれは敗北だよ。白旗だよ。祝日に挙げるあの旗と同じかよ。

 

「2分でワカル○○」、とアドセンスされても、え、ちょっと待って、別にわかりたくないんですけど。さあ、これを理解してください、と言われても理解の望んでなさが言うまでもなさ過ぎて、当たり前のように前面に出てきてもうまったくアドセンスされている意味がわからない。何故理解しないといけないのか?ということがわからないのである。