読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

発進?!トキメキZUTABORO号

その総てにトキメイテ居たとしたら?見るもの総てが輝かしく、愛おしいとしたら?それは本当に幸福だろうか。例えば愛。愛するものと時間を共有することが至高であるとするならば。生活とは?労働とは?誰が為、何の為?

 

その時何を思うのだろう。至高の関係を手に入れたとしたら。その蜜月に甘んじることを許されたとするならば。聖書の初期に現れる禁断の果実が提起する問題?より現実においてだ。手に入れたとしたら、次に何を望むのだろうか?

 

ズタボロになりはしないか?幸福の重みに耐えられるだろうか?最高の状態を保てるかどうか不安になりはしないか?愛するものを失う怖さに平井賢みたくなってはしまわないだろうか?心は健康か?

 

それでもトキメイテいることを目指すべきなのだろう。不安が襲ってくるとしても。「我、汝が為に生きんとす♡」「汝の姿がわが心を苦しめんことを♪」などと恋文をしたためたる仲を目指し、人生を謳歌することを目指すべきではないのだろうか。