旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

和膳WAZENわぜんワゼン

 これが和膳、、、?和食に合うビール?試してみむとその一口含んだ瞬間に?差異?見届けようとしたその舌に苦味を感じない。そうか。これは苦味を消しているなと。姿を消しているなと。忍ばせているなと。ニンニン。それが第一印象。

 

推察は続く。なるほど。欧米の肉や濃い味付けに従来のビールの持つ苦味は張り合う力を持つが、和食のまろやかな味付けには苦味が強すぎる。メーカー様はそうお考えなのだろうか。であればその施策は正しいであろう。苦味を感じないのだから。

 

果たして?これが和食を好む層にビール回帰を促しビール市場の再興の一助となるだろうか?注目すべきであろう。。。