読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

「サービスを超える瞬間」を読了し我が心・・・

果たして?自分が包含されている労働環境や家庭環境と比較せず冷静に読み進めることができるであろうか??否。断固否である。価値観の共有、感性のフル活用、感動の創出・・・。そういった行為をどれだけ実現できているだろう?それは理想郷?天国?あるいは・・・??それを阻んでいるのは何?何故・・・?そういった問いと闘いながら読み進めなければなるまい。。。紳士淑女は天性のものなのか習慣なのかそれとも。。。

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間