旨いものを喰おう

喰いましょう。さぁ。

ぼっち飯を究む

へぇ〜、リンガーハットの麺二倍が。お値段据え置きで。500円。へぇ〜。へっぇ〜。まあ俺が行くのってだいたいフードコードの中なんだけどさ、迷うよね。何がって、ペッパーランチで肉をガシっといてまうか、リンガーハットで麺増量してコストパフォーマンスを取るか。

でもさ、何か、一人で鉄板を前にしてさ。レストランよろしくナイフとフォークでお上品にいただくのって、ちょっとフードコートだと気がひけるんだよね。あー。そうそう。割りと気にする方。人の目。そもそももっと人の目を気にする人はフードコートに一人で来たりしないし、吉野家ですら一人で入れない人いるしね。ですよね〜。

まじか〜。そうすると、今日一人でペッパーランチの定食の肉、いただいてる人に言及せざるをえないなぁ〜。強いなぁ〜。そういえばふらんす亭で、ヘッドフォンで音楽聞きながら一人で肉ってる人いたなぁ〜。強いなぁ〜。最強だなぁ〜。音楽までも?耳までも外界からの刺激を遮断しちゃう感じ?いやはや〜。

まあそれを言っちゃうとさ。高校の時に家族で鍋やる日に自室に一人用の鍋が運ばれてきた某君に勝るエピソードはないよね。でもそれを見て某君も、さすがにそこまでさせちゃいかんな、って言ってたな。そりゃそうだな。まあ家族とにこやかに談笑しながら鍋をつつくことができる高校生男子なんて、楽しんごくらいじゃないの〜?「いや、そんなわけねーだろ(東幹久風に)」

広告を非表示にする